業務に役立つソフト「Snipping Tool」

windows-accessory-snipping-tool00

日々の業務で、パソコンの表示されている画面を画像化して、資料作成や説明に使う機会があると思います。しかし、スクリーンショット機能を使うと画面全体を取得してしまい、後でペイントツールなどで必要な部分だけを切り抜いたりすると時間がかかってしまいます。
そこで、Windows7以降より標準搭載されている「Snipping Tool」を利用することで、画面内の必要な部分だけを切り取り画像化させることができます。
基本的な使い方はコチラにあるように、下のウィンドウズアイコン(スタート)から検索用のボックスに「Snipping Tool」と入力すると利用できます。
使い方もシンプルで、起動すると表示されるウィンドウから「新規作成」を選択し、切り抜きたい範囲をドラッグ&ドロップで選択後、名前をつけて保存するだけです。
スクリーンショット機能を頻繁に使っている方は一度使用してみてください。