HOME>Blog

Twitterのツィートをサイトへ埋め込むと著作権違反にあたる?

その他

2020/01/28

Twitterのツィートをサイトへ埋め込むと著作権違反にあたる?

口コミサイトなどでTwitterのツィートが埋め込まれていてるのを見たことがありませんか。

ツイッターでのリアルな意見を見ると信ぴょう性が高まります。

自社商品の評判をしてくれているツィートを会社のサイトやブログに貼ってみたいと思いますよね。

しかしそれは、著作権違反にあたらないのでしょうか?

また、ツィートをしている人に許可は必要なのでしょうか?

このような心配があり、ツィートを埋め込みしていいのか疑問に思うことでしょう。

今回は他人のツィートを埋め込みしていいのかどうかをご紹介します。

結論から言うと、他人のツィートを埋め込みしてもOK

他人のツィートをサイトやブログに埋め込むことは違反ではありません。

また、ツィートをしている人の許可も必要ありません。

ツィートの埋め込みとは下記のようなことです。

このツィートは当社の運営しているアカウントから張り付けたものですが、
他人のツィートでも著作権違反にはならないのです。

ツィートは投稿したユーザーの所有物となりますが、

投稿されたコンテンツはTwitterを運営する会社が自由にできるとうことになるからです。

詳しくは「Twitter サービス利用規約」に明記されています。

ツィートは全世界で閲覧可能ということに承認することになる

Twitter サービス利用規約によると、ツイッターでつぶやいた内容は、全世界で閲覧できることを承認したことになるのです。

Twitterには「埋め込み」機能がありますので、サイトやブログにツィートを埋め込むことはOKになります。

ただし、必ず、このツイッターの埋め込み方法を使い表示させなければいけません。

ツィートをスクリーンショットで撮り、画像として掲載するのは違反となりますので注意しましょう。

ツィートが消されたりカギをかけられると埋め込んだツィートが見えなくなりますので、消えていないか時々チェックが必要です。

埋め込み機能で効果的にツィートを埋め込みしよう

心配なく、Twitterの埋め込み機能でサイトにツィートを掲載できますね。

ユーザー目線をダイレクトに伝えられる、Twitterのツィートを効果的に使っていきましょう!

関連する記事

アーカイブ

アーカイブ

カテゴリー