ルーターのセキュリティは大丈夫?3つのポイントを見直そう

router-157597_1280

家庭でも常時インターネットを使う環境が一般的となり、
プロバイダーから支給されるルーターを設置されている方も多いと思います。
パソコンだけでなく、スマホやタブレット、テレビにも同時に接続できる
無線LAN機能がついているものがほとんどです。
ルーターは、インターネットへの出入り口となる重要な存在なのです。

近年、ルーターを狙ったサイバー攻撃が増加し、被害に合うことも珍しくはありません。
そんな状況でルーターのセキュリティが万全でないと、どういったことが起きるのでしょうか。
以下のような被害にあう可能性があります。

・ルーターの設定を勝手に変えられ、ネット回線をタダ乗りされる。
・ネット回線を乗っ取られ、犯罪行為に使われる
・通信内容の漏洩、写真や動画の流出

実際、このような被害がある中、ルーターのセキュリティはとても重要です。
以下のような3点に注意し、セキュリティを見直しましょう。

1)IDとパスワードを変更する

IDとパスワードを初期設定のままにしておくと、不正に侵入されるリスクが高まります。
初期設定とは、メーカーや機種ごとに一律で設定されていることが多く、第三者が容易に知ることが出来るのです。
変更していない場合は、管理画面で第三者に推測されにくいIDとパスワードに変更しておきましょう。
また、定期的にパスワードの変更をしましょう。

2)ファームウェアを最新の状態に

ルーターに組み込まれているファームウェアに脆弱な点があると不正侵入のリスクが高まります。
またルーターのメーカーから更新プログラムが提供されたら適用しておくことが大切です。
自動更新機能があれば有効にしておけば安心です。

3)暗号化方式はWPA2を使用する

暗号化方式としては、WEP、WPA、WPA2の3つがありますが、WEPは暗号を容易に解読されてしまうので
最もセキュリティが強いWPA2を選択してください。

インターネットの出入り口のセキュリティに弱点があるということは、
家のドアに鍵をかけず開けっ放しにしているようなもの。
ルーターの弱点を今一度見直し、日々進化しているサイバー攻撃から身を守りましょう。

ルーターの設定でわからないこと、不明点等あれば、お気軽にご相談ください。