SNSの使い分け:Instagram編

smartphone-1701096_1280

Facebook、Twitterと比較して、新しく最も勢いのあるSNSであり、
おしゃれで雰囲気のある写真を共有し情報交換、
流行に敏感な若年層や女性を中心としたユーザーが多いことが特徴です。
最近ではInstagramを活用する企業も珍しくなくなりました。

Instagramの特徴
・10~40代中心のユーザーが多い。女性比率が高い。
・写真投稿とハッシュタグを組み合わせて投稿
・おしゃれな写真、インパクトのある写真などで視覚的に訴える
・ハッシュタグで検索し、情報収集する
・フォローしている人のみ投稿を閲覧

人を引き付ける写真を投稿していき、企業や商品の世界観を表現していきます。
「インスタ映え」という言葉が流行しているとおり、
画像がすべてとも言って過言ではないので、ユーザーが見ていて、
おしゃれ、美しい、美味しそう…といった感動のある写真がユーザーの反応を得やすいでしょう。
アパレル、食品、美容、小売店、飲食店など、
写真で自社のサービスを伝えやすい業種に向いています。
実用性や現実味がある内容よりもビジュアルイメージ中心が有効です。

画像の次に重要なのが、ハッシュタグです。
ユーザーはハッシュタグで検索してその情報に辿り着くので
キーワードをハッシュタグをつけて多く掲載することで
興味関心のあるユーザーに見つけてもらいやすくなります。

写真や動画だけでなく、ストーリーズ(24時間限定)の配信で
自社の世界観を共有することができます。

Instagramの個性を上手に活かして自社の広報活動に活用しましょう。