Wi-fiルーターを置いてはいけない設置場所6つ

wlan-1426767_1280

Wi-fiルーターはどこに置いていますか?

快適にルーターを使うために、置き場所にはちょっとした注意が必要です。

模様替えをしてWi-fiルーターの置き場所を変えたら遅くなってしまった、
そんな経験はありませんか?
この場合は設置場所が悪いのかもしれません。

設置場所を変える事によって、インターネット環境が格段に改善するかもしれませんの で、ぜひチェックしてみてください。

良くない設置場所の例を具体的に見ていきましょう。

1)床の上

Wi-fiルーターを床上に直接置いていませんか?
Wi-fiルーターのシグナルは下方向、横方向にも飛んでいます。
床に直置きしてしまうと、シグナルが全体的に飛ばず効率が悪い状態です。
床上1m~2mが理想的です。

2)家電製品の近く

電磁波を発する家電製品の近くにおくと、電波が干渉をお越し、通信速度が遅くなる場 合があります。
他の家電製品とは離して置くようにしましょう。

3)棚の中など

棚にしまったり、背の高い家具の隙間など、まわりに物がある場所は電波が届きにくくなります。
周囲に遮るものがない場所に置くようにしましょう。

4)窓際

窓際に置くと、電波の半分が外に向かって飛んでいるということになります。
電波を無駄にしているということですので窓から離しておきましょう。

5)水槽や花瓶の近く

熱帯魚などの水槽や花瓶と同じ台の上にルーターを設置していたら要注意です。
水槽はルーターのシグナルを妨げます。

6)部屋の角

ルーターのシグナルは全方位に飛んでいます。
角に置くことは効率的ではありません。
特にコンクリートの壁は電波が通りにくいので、部屋の角に置くのは避けましょう。
家の中心に置くのが理想的です。

置き方次第で速度が上がり、快適なインターネット環境が手に入ります。
ぜひ参考にしてみてください。