iPhoneのバッテリーを長持ちさせるコツとバッテリー交換

f2789244158af9fae360fd1ac506b479_s

iPhoneのバッテリーの減りが最近とても早くなったと感じていませんか。

購入後2~3年経つとバッテリーの消耗が気になってきます。
新しいiPhoneを購入するとしても、10万以上する高価な買い物です。

まずは、バッテリーを長持ちさせるための設定を試してみましょう。

それでもバッテリーの減りが止まらない!
そんな場合はバッテリー交換をすれば今のiPhoneを継続して快適に使えるようになります。

位置情報サービスをオフに

・HOME画面の「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」→各アプリを「使用中のみ」または「なし」に設定

常に位置情報を取得しているため、バッテリーの消耗につながります。
必要なアプリ以外は「使用中のみ」または「なし」に設定することをおすすめします。

Appのバックグラウンド更新をオフに

・「一般」→Appのバックグラウンド更新→各アプリの設定をオフに

アプリをオンにしておくと、スマホを使用していない時でも常時アプリの更新が自動で行われ、バッテリーの消耗につながります。
頻繁に使うアプリだけONにしておき、
普段使用しないアプリはオフにすることで、バッテリーの節約になります。

バッテリー交換の目安を確認する

iPhoneの「設定」→「バッテリー」→「バッテリーの状態」を確認しましょう。
新品時は、最大容量が100%ですが、使用が長くなるにつれ数値が低くなります。
85%以下なら明らかにバッテリーの容量が低下しているので、交換時期であるといえるでしょう。

iPhoneをバッテリー交換する場合、Apple Storeか、iPhoneを購入した携帯会社、もしくはiPhone修理業者に依頼することになります。

Apple Storeが近くにあれば持ち込み、またそれができない場合はApple リペアセンターへ連絡すれば配送業者を手配してもらえます。
交換は1週間程度かかります。

iPhoneを購入した携帯会社でのバッテリー交換は契約の内容にもよりますので自分の契約を確認しましょう。

また、iPhone修理業者に依頼する場合、「総務省登録修理業者」かどうか確認しましょう。
法律に基づいた安全な修理業者なので安心で品質も確かな修理業者です。